子育て教育臨床支援ボランティア|山ちゃんの、勝手なおしゃべりです。聞き流していただいて結構です。
芦屋ファミリー・ラブ 山ちゃんのブログ

校舎建設予定 大学にて

 大和大学が新たに整備する「(仮称)大和大学社会学部建設工事」は4月初旬に着工。延べ8000平方辰旅纂砲鯀築する。完成は2021年3月末の予定。


模擬授業 大学にて

 教員採用に向けて、模擬授業の練習を始めています。5月には教員採用出願届が始まりますので、3年生は受験する都道府県情報を検討しながら出願先を決めています。


梅の花 何気ない日々

 JR吹田駅から本学までの道沿に梅の花。季節の移り変わりを感じています。


菱餅 何気ない日々

 3月3日はひな祭り。菱餅は、「女の子の健やかな成長や厄除け、子孫繁栄、長寿を願って飾られています。江戸時代に五節句が制定され、3月3日が『上巳の節句』(桃の節句)と定められると、5月5日の『端午の節句』が男の子の節句であるのに対し、3月3日は女の子の節句として定着していきました。菱餅が菱形になったのは、江戸時代初期のこと。当時は、蓬餅の緑に菱の実を入れた白い餅を組み合わせたもの、つまり緑と白の2色だけでした。これを緑・白・緑の3段、あるいは5段にしていたようです。もともと、古代中国の上巳節で食べられていた母子草のお餅には、母と子が健やかであるようにという願いが込められていました。また、菱の実には、子孫繁栄と長寿の力があるとされており、菱餅といえば菱の実の粉で作るものだったそうです。」※参考文献『江戸あじわい図譜』(高橋幹夫/青蛙房)菱形に関しては、菱の実を模して菱型になった、心臓の形を表した、四角を伸ばして長寿を祈願したなど、諸説あります。


品薄 何気ない日々

 新型コロナウイルスの影響で紙製品が不足するというデマが広がり、トイレットペーパーなどがスーパーやドラッグストアの店頭で品薄を招いています。業界団体は『「十分な在庫が確保されている」』と強調し、冷静な対応を呼びかけています。情報が溢れる時代を迎えて、情報収集力や情報源を把握して正しい情報かどうかを判断する力、その情報を取捨選択して発信する力などが求められています。噂に惑わされない能力が求められています。

 


マラソン大会中止 何気ない日々

 今日予定していた地元のマラソン大会が中止。10日ほど前に「はがきで中止」の連絡がありました。ネットでも「令和2年3月1日(日曜日)に開催を予定していました「第27回みっきぃふれあいマラソン」は、国内で新型コロナウイルスの感染が広がっている現状を受け、2月20日、臨時の実行委員会を開催し、大会の中止を決定しました。大会開催に向けて様々な対策や準備を進めてまいりましたが、参加申込者の皆様やご協力いただくスタッフの皆様の安全を最優先とし、やむなく大会を中止することになりました。このたび、参加申込者の皆様、スタッフの皆様、模擬店出店者の皆様、その他関係者の皆様に対し、深くお詫び申し上げます。」と記述されていました。すでに納めていた参加費は戻ってきません。仕方ないと思いますが残念です。


休校 何気ない日々

 政府は3月27日の新型コロナウイルス感染症対策本部で、全国の小中学校と高校、特別支援学校に臨時休校を要請する考えを表明。3月2日から春休みの期間で実施を求めました。実際に休校するかは学校や地方自治体の判断となっていますが、近隣の教育現場は混乱しています。今後の動向が心配です。


逢坂越と車石 行ってきました

 大津で見つけた車石。琵琶湖水運によって大津の港に集められた米などの物資は、主に牛車で京都に運ばれた。米だけをみても江戸時代に多い年で年間73万俵と記録されている。牛車は雨天時に車輪が泥道にとられ、その通行は困難を極めた。そのために江戸幕府は、文化元年から翌年にかけて「車石」の敷設工事を行った。これは、牛車の車輪の幅に合わせた二列の平板な花崗岩を敷き並べたもの。今でも大津から京都までの街道沿いに車石を見ることができるようです。

 


マンホール 行ってきました

 滋賀県のマンホールは、種類が豊富。大津市は琵琶湖のデザインと大津絵の主要画題である「藤娘」「鬼の寒念仏」が描かれています。


滋賀県 行ってきました

 今年度滋賀県で採用されたゼミ生と来年度滋賀県の教員採用をめざす学生との交流会をしました。新任教員として活躍してい卒業生の話を聞いてうれしく思いました。



きっずページ

↓市立図書館児童書検索

市立図書館蔵書一覧

芦屋ファミリー・ラブ

会員・役員連絡ページ

おしゃべりタイトル

ブログ内検索・過去記事

サブタイトル

携帯でこのページ

qrcode

みんなのブログポータル JUGEM