子育て教育臨床支援ボランティア|山ちゃんの、勝手なおしゃべりです。聞き流していただいて結構です。
芦屋ファミリー・ラブ 山ちゃんのブログ

何に見えますか? 試行錯誤の素人園芸・工芸

 「この種、何に見える?」と家族の者が小さな種を見せて質問されました。
「鉄腕アトムの頭?」「◯◯レンジャーのマスク?」「そりの入った顔?」と答えましたが、全て「ブー」でした。よくよく見ると・・「あれ、ハート?」と言ってみると「ピンポン」と正解でした。この種は『ふうせんかずら』の種で別名『ハートの種・Heart Pea』と呼ばれているようです。白い花が咲いた後には、グリーンの紙風船の実がたくさんなるようです。熟すと茶色。
 種まきは4月から5月頃が最適らしいです。夏から秋にかけて直径3センチあまりの風船のような果実を付けるようです。早速植えてみようと思います。
 それにしても、ハートの種とは楽しいですね。持っているだけで幸せになれそうです。
 

母の日 家族の絆

 5月8日は、母の日です。89歳になる母親には、時々花を贈っています。
 今年も、カーネーションを探しにお店に行きました。色々とレイアウトした花が展示され、見ているだけで気持ちが華やかになります。カーネーションだけのもの、カーネーションに飾りを付けたもの、植木鉢を工夫したものなど様々です。母親の性格や好み、値段と相談して、犬のぬいぐるみ付きの鉢に飾ってあるカーネーションの盛り花を買いました。
 この間、花のコーナーに立ち寄ったのは、女性ばかり。基本的に女性は母親に優しいのでしょうね。
 早速、母親に贈りますと、
「ありがとうね。」
と手を合わせられたので、少し戸惑ってしまいました。
 母の日だけではなく、いつも、これからも、感謝の気持ちを忘れないように心がけます。

 

心もリフォーム 試行錯誤の素人園芸・工芸

 この連休は、自宅のリフォームのため、何処にも出かけることが出来ませんでした。でも、充実した楽しい連休でした。ミサワホームの紹介で工事にかかわった建築、電気、水道、ガス等の関係者の皆さんが、親切丁寧で、心のこもった仕事をされている姿に心うたれました。長い間チームを組まれている皆さんですが、互いの領域を超えて助け合って仕事をされている姿は、温かいファミリーを見ているようでした。思いやりのある優しい人の周りには、自然と素晴らしい人が集うことを改めて認識した思いです。工事に入ってもらった人々から巧みの技を知り得たとともに、人との絆の大切さを学んだように思います。短い期間でしたが、もう会えなくなるのが淋しく感じました。この度1番の収穫は、リフォームにかかわった皆さんから、心のリフォームを頂いたことです。感謝しています。
 「皆さんの仕事に触発されて、これまで手入れをしなかった家具の取っ手をリフォームしてみました。」

プロのすご技 試行錯誤の素人園芸・工芸

 
 開きドアから引き戸に替えた後に、柱にドアの穴が残りました。小さな長方形の穴です。その穴を大工さんに埋めてもらいました。手順は、①穴のサイズを測る②適当な木板をサイズに合わせる③穴のサイズを整える④木片を穴のサイズにカットする⑤穴に木片が合うように③④を繰り返す⑥木片を埋め込む⑦柱の穴からはみ出た木片をのみで削る⑧カンナで削る。・・完成 この作業を10分程度で仕上るのです。他にもネジ釘の穴も割り箸程度の木片を穴に差し込んで余分を切り取るなどしてねじ穴をふさいでいました。27年間の熟練技です。仕事の邪魔をしながら、写真を撮らせてもらいました。


手作り小窓 試行錯誤の素人園芸・工芸

 プロパンガスから都市ガスに変えたために、室内に設置していた給湯器を室外に移しました。その副産物として室内給湯器用の壁穴が出現。大工さんに相談すると、普通は壁に板を貼って穴を隠すようです。でもせっかくの壁穴を有効に使いたく、明かり取りの小窓に活用することにしました。早速ガラス屋さんで鉄線入りのガラスをサイズにカットしてもらいアルミサッシで周りを囲みコーティング、木枠にペンキを塗って完成させました。また、冷蔵庫以前製作した楽々移動車は冷蔵庫や家具の移動に役立ちました。図工は苦手でしたが、やりだしたら夢中になる方です。工事に入った業者の方が、私の持っている工具を見て、「色々な道具を持っていますね。」と感心されました。これまで家の階段やベランダ、フェンスなど手作りで使った工具がたまった結果です。これも一つの趣味でしょうか??


工事車両 ワタシはオタクかも知れぬ

車 三木市のガスはプロパンしか使うことが出来なかったのですが、2年ほど前から都市ガスの配管がわが町までやってきました。ガス管を我が家に引き込むのは、1日がかりの工事が必要なので、この連休にすることにしました。ガス工事のためにやってきた車の中を見させてもらったのですが。動く工具箱の様で、ガス工事に必要なものは全て車の中にあるようです。
 どこに何があるのか良く分かるようにきれいに整理されていました。
 

京都祇園 ワタシはオタクかも知れぬ

 都おどり 授業のために京都に行き、そのままトンボ帰りするのは、もったいなく、またまた京都観光を1時間程度してきました。今回は、京都の都おどりの時期ですので、祇園の町を散策しました。もしかして、舞子さんに会えるかと祇園甲部歌舞会まで行きましたが、無理ですよね。丁度舞を舞っている時間帯でした。会場入り口には、沢山の人が次の上演を待っていました。頭
 入場料は、いくら位かと興味本位でチケット売り場をのぞいたのですが、結構な値段でした。
 当然入れません。丁度その横の建物で、舞子さんの紹介資料館が無料でありましたので、見学してきました。
 そこには、かんざしや髪型が展示され、髪型にも色々な意味があることを知りました。
標識 
 
 祇園の町並みは風情があって良いものです。道にも、「花見小路」なんてしゃれたデザインの標識があり、散策するのが楽しかったです。

八つ橋 そのまま帰るつもりでしたが、前から気になってた「井筒八つ橋本舗」の祇園本店に入りました。特に今回は「やきやき」の初体験です。
 なま八つ橋を炭火で焼いて、「こしあん」・「粒あん」・「うぐいすあん」の3種類のあんを巻いて食べるのです。なま八つ橋のお替わりも出来ます。記念に八つ橋を焼いている記録写真を撮りましたが、時間を使いすぎて八つ橋がこげてしまいました。
 血糖値が気になる「やきやき」でした。



芦屋川沿いの風景 芦屋市のひみつ

 阪急芦屋川の山手にある山手小学校まで、阪神芦屋から歩いてみました。         
街路灯


阪神大震災の時に傾いた街路灯。





花壇



2号線沿いに花の香りが漂っています。




天井川


小さな滝になって落ちる水音の下をJRの電車が走ります。(写真の後)

芦屋川上流の鴨。      ヨドコウ迎賓館です。国の指定重要文化財
ヨドコウかも

         

車両にぬいぐるみ ワタシはオタクかも知れぬ

神戸電鉄 神戸電鉄の新開地で粟生行きの電車を待っていました。プラットホームに入ってきたのは、新型車両です。これまでの神鉄のイメージと違ってかっこいいなあと運転席を見ていると、なんとぬいぐるみを置いてるではありませんか。運転手の趣味にしては、おかしいよな。落とし物を忘れないように置いてるのかな、と色々思って見てると・・・運転手は車両を降りて、行き先表示を指差し確認してから、何処かに行ってしまったのです。「何で?」と改めてぬいぐるみを見たのですが、見たこともないキャラクター。しんくん不思議発見の気分で車両を見渡すと、車両前面プレートに、ぬいぐるみと似た絵が描かれていたのです。なんど神鉄のマスコットのようです。名前は「しんちゃん」車両は「てつちゃん」と名前がついていました。乗客に親しんでもらい、乗客が増えるきっかけを願っているのでしょう。
 私は、少しでも運賃が安くなるように願っています。


ミニ旅行 ワタシはオタクかも知れぬ

大学 午前中のペアレント・トレーニングは、ほめ方がテーマです。普段子どもに、どのようなほめ方をしているのか、みんなでロールプレイをしてみました。すると「おや?なんだかおかしいね。」と皆さんが気づいたのです。「お母さんうれしいなあ。」など、子どもが出来ていることを具体的に誉める言葉よりも、お母さんはどう思っているのかを伝える傾向があることです。どのようにほめるかは、とっても大事なことですね。お茶
 ペアトレが終わってから、京都にある女子大学に直行です。女子大生相手の授業は小中学校と共通点が多いですが、一つ違うところがあります。それは、学生から授業を評価され、評価の得点が公開されることです。自分の研究を教えるだけの時代ではなく、いかに興味を持って楽しく学んでもらえるか、授業の工夫が求められています。とっても大切なことで、授業の構想や準備が大変です。
 今日はよく頑張ったので、自分へのご褒美に、京都・祇園の町家風情が漂う茶房で和菓子とお茶を頂きました。和菓子は『ひなげし』「山吹」「五月の空」「花菖蒲」「武者かぶと」と選ぶことが出来ていて、どれもその名をイメージできるお菓子ばかりです。私が注文したのは、「武者かぶと」。程よい甘さがお茶と合って、美味しかったです。


きっずページ

↓市立図書館児童書検索

市立図書館蔵書一覧

芦屋ファミリー・ラブ

会員・役員連絡ページ

おしゃべりタイトル

ブログ内検索・過去記事

サブタイトル

携帯でこのページ

qrcode

みんなのブログポータル JUGEM